極楽湯の株価が2倍!?

極楽湯
画像引用:http://www.gokurakuyu.ne.jp/

東証ジャスダック市場(JASDAQ)に上場する「株式会社極楽湯」
全国各地に「極楽湯」「RAKU SPA」などの温浴施設を展開する企業です。

極楽湯やRAKU SPAの中には岩盤浴が設けられた店舗もあり、「岩盤浴いんふぉ」としても株式会社極楽湯の動向には注目していきたいところ。

そんな株式会社極楽湯の株価が2016年8月に急騰し1か月で2倍近くにまで上がりました

(株)極楽湯【2340】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

2016年8月1日の始値は559円。
2016年8月31日の終値は1026円。

実は8月30日の終値は1120円だったのですが、31日に100円近く下落してしまいました。
とはいえ、500円台の株価が1000円台になって8月を終えています。

仮に8月1日に極楽湯の株を100株買って8月31日に売ったとしたら・・・
102600円-55900円=46700円

もし、30日に売ったとしたら・・・
112000円-55900円=56100円

元本が約倍になっていたわけですね。
※手数料・税金などがかかるため、実際には単純に倍の利益が出るわけではありません。

どうして株価が上がったの?

_shared_img_thumb_YUKA150701598457_TP_V
まず、株価上昇の要因として考えられるのが業績が好調であることです。

17年3月期の第1四半期(16年4-6月)決算は大幅増益と、2016年7月29日に発表されました。
集客力の向上、エネルギーコストの低位安定による利益率の向上、中国事業の好調などが、売り上げ拡大の理由としてあげられています。

第1四半期の営業利益の進捗率が72.9%と高いことから、今後、通期予想を上方修正する可能性もあるとみられ、投資家からの好感を得たようです。

また、2016年8月26日には、中国で大型温浴施設「極楽湯」を展開している子会社が、青島(山東省)と無錫(江蘇省)の企業とそれぞれ温浴施設をフランチャイズ展開することが発表されました。
8月26日、29日にはさらに株価が押し上げられたのですが、この発表が大きく材料視されたとみられています。

ちなみに、極楽湯では株式優待制度が設けられています。

優待の内容は「極楽湯またはRAKU SPAの無料入浴券」
所有株式数や期間によって、もらえる株式数が変わります。
株主優待制度について|極楽湯

権利の確定が9月末基準に行われるため、優待目当ての株主はあと1か月ほどで権利確定なので売りづらい。
売ろうと考える人が比較的少なく株価が下がりづらい時期であることも、間接的に株価の上昇に影響しているかもしれませんね。

今後の展開にも注目

872fbb8e9b55a461380a76756d8c7069_s
業績が好調で、国内だけでなく海外展開にも力を入れている株式会社極楽湯。

中国にある海外店舗には、お風呂だけでなく岩盤浴も備わっています。
海外旅行などで近くへ行った際には、足を運んでみたいですね。

国内では2016年8月6日には極楽湯浜松佐鳴店が「RAKU SPA Cafe 浜松」としてリニューアルオープン
お風呂、コミック、岩盤浴など充実した設備が用意され、「楽しく遊べて時間を忘れる」時間消費型店舗となっています。

また、RAKU SPAでは「RORYU BOYS 8(ロウリュウボーイズエイト)」というロウリュウパフォーマンスのイケメン集団が存在しています。
RAKU SPAの各店舗(鶴見・浜松)では、RORYU BOYS 8によるロウリュウイベントを開催。
開催日には女性客を中心にかなりの人気イベントになっています。

株式会社極楽湯が今後も温浴事業に力を入れることで、岩盤浴の注目度も増してくると思います。
今後の展開にも注目したいですね。

※この記事は2016年8月31日時点情報を基に作成されています。
※サイト閲覧者がこの記事を読んだことで取られた行動については、当サイトは一切の責任を負いません。株式投資は自己責任で行ってください。