岩盤浴情報は温泉情報誌からGET!

各地の岩盤浴情報を得ようと思っても、書店で岩盤浴の本って見かけませんよね。
残念ながら、岩盤浴情報をメインで扱う雑誌などはほとんどないのが現状。

でも、全国各地に岩盤浴施設自体はオープンしています。
特に近年目立つのが、温泉・スーパー銭湯内に岩盤浴が設けられるケースです。

そこで注目したいのが温泉情報を扱った雑誌。
書店の旅行雑誌コーナーには多くの温泉情報誌が並んでいますが、その中には各店舗内の岩盤浴施設について触れているケースもあるのです。

日本各地の岩盤浴情報を得たいのなら、まずは書店の旅行雑誌コーナーの温泉情報誌をあたってみるのがおススメです。

日帰り温泉&スーパー銭湯 2019 東海版 (ぴあMOOK中部)

さて、2018年12月にも岩盤浴情報が掲載された温泉情報誌が販売されました。
日帰り温泉&スーパー銭湯 2019 東海版 (ぴあMOOK中部)』です。

このムック型の情報誌には東海地方「愛知県」「岐阜県」「三重県」「静岡県」の温泉またはスーパー銭湯が掲載されています。

掲載店舗数は4県合わせて180軒
1ページあたり1~4店舗の掲載で、店舗内の写真や、営業時間、料金、アクセスなどの情報が記載されています。

巻頭には一部店舗のクーポン券(有効期限あり)が付いており、書籍購入者はお得に店舗を利用できるのがうれしいですね。

そして、岩盤浴好きにとって最も注目したいのが、巻末の「湯探しSUPER INDEX」という索引ページです。
掲載180ページが一覧になったこのページには「岩盤浴」の項目があり、ぱっと見でその店舗に岩盤浴があるかどうかがわかるようになっています。

ちなみに掲載店舗中、岩盤浴が設けられている店舗の数は以下の通りでした。
※岩盤浴がある店舗数/掲載店舗数

愛知県:23/55
岐阜県:10/55
三重県:8/37
静岡県:7/32
全体:48/180

掲載180店舗中48店舗(約27%)が岩盤浴付きでした。
単純に数字だけ見れば、4店舗あれば1店舗は岩盤浴があることになりますね。

ちなみに、岩盤浴のある店舗の掲載ページでは情報量は多くはないものの岩盤浴についても触れていたり、岩盤浴エリアの写真が付いている場合もありました。

貴重な情報源として活用したいですね。

掲載以外にも岩盤浴付き温泉はある!

日帰り温泉&スーパー銭湯 2019 東海版 (ぴあMOOK中部)』は東海地方の180店舗を掲載する情報誌です。

180店舗はかなりの数ですよね。
これだけの店舗が掲載されていればほとんどの店舗が網羅されているようにも思えますが、意外とそうでもありません。

掲載されていない岩盤浴付きの温泉・スーパー銭湯も存在しています。
ここでは、掲載されていなかった店舗のうち10店舗をピックアップしてみました。

日帰り温泉&スーパー銭湯 2019 東海版 (ぴあMOOK中部)』に掲載されている店舗は当然注目ですが、掲載されていない店舗にも注目していきたいですね。