年末は忙しいけど岩盤浴!

寒い日が続きつつも、寒い日ばかりではなくなってきた2019年2月。
「春」のイメージが強い3月へ徐々に近づいている気がしましたね。

それでもまだまだ寒い時期ですから、屋内の温かい場所で過ごした人は多かったと思います。
体が温まる場所の代表格?といえば「岩盤浴」。

温かい岩盤の上で寝転がって汗を流すのは気持ちが良いですよね。
また、最近はマンガや雑誌を休憩エリアに用意する店舗も増えていますから、読書を楽しみながら岩盤浴をした人も少なくないのではないでしょうか。

さて、そんな岩盤浴は有名人も足を運んでいます。
中には岩盤浴へ行ったことを、SNSを使ってファンへ報告する人もいます。

というわけで、毎月恒例Twitterの岩盤浴ツイートまとめです。
2019年2月はどんな有名人が岩盤浴ツイートをしていたのでしょうか。

芸能人の岩盤浴ツイート3選|2019年2月

越智ゆらの

 

モデルやタレントとして活動する越智ゆらのさん。
フジテレビ「めざましテレビ」にイマドキガールとして出演されています。
岩盤浴に行ってスッキリした気分になられたようですね。

飯田祐馬(KANA-BOON)

大阪出身の4人組バンド「KANA-BOON」のベース担当・飯田祐馬さん。
和歌山県にある「ふくろうの湯」に行かれたとのこと。
岩盤浴やお風呂、サウナを絶賛しています。

川原豪介(ブルーリバー)

ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「ブルーリバー」のボケ担当・川原豪介さん。
岩盤浴で「ヤンモリ(羊巻き)」と呼ばれる韓国のタオルの巻き方をされています。
ちなみに、写真で川原さんと一緒に写っているのは元プロ野球選手です。

韓国の温浴にも注目!

今回、特に注目したいのはブルーリバー川原さんの投稿で見られた「ヤンモリ(羊巻き)」です。

ヤンモリは2005年に放送された韓国の人気ドラマ「私の名前はキム・サムスン」内で主演女優がしていたことで大きく流行しました。
ドラマ最終回の視聴率が50.5%を記録したとのことですから、影響力はかなりのものだったのではないでしょうか。

日本ではタオルをヤンモリにしている人はほとんどいませんが、韓国のスーパー銭湯ではヤンモリスタイルで過ごす人もみられます。

ちなみに、韓国でお風呂やサウナ、岩盤浴などが楽しめるスーパー銭湯のようなものを「チムジルバン」といいます。
日本のスーパー銭湯の岩盤浴などのように、浴着を着て利用するサウナや岩盤浴は男女一緒に楽しむことができます。

また、チムジルバン内には100度近い温度に設定された韓国伝統のドーム型サウナ「汗蒸幕」が用意されていることも。

日本と似ている部分がありつつも、日本にはない独特のスタイルが韓国の温浴にはあります。

韓国は日本から近くて、比較的足を運びやすい国です。
韓国旅行の際には韓国の温浴も体験してみるとよいかもしれませんね。

※この記事は2019年2月28日以前の情報を基に作られています。