岐阜県大垣市にある日帰り温泉「コロナの湯 大垣店」
映画館やボウリング、ゲームセンターなどが入るアミューズメント施設「コロナワールド」内にある温浴施設です。

コロナの湯大垣店内では、天然温泉のお風呂や食事処、マッサージのほか、天然溶岩サウナの「健美効炉」を楽しむことができます。

健美効炉は追加料金を支払うことで利用できる館内着着用の温活リラクゼーション空間です。
2台設置された溶岩石のトロッコ熱炉によって室内全体が暖められており、室内に設置されたイスやベンチに腰掛けたり、床にマットタオルを敷いて座る・寝転がって過ごします。
しばらく滞在していれば、室内の熱さから大量の汗をかくことができます。
また、健美効炉の奥には、空間を共有する岩盤浴エリアも用意されています。

健美効炉の出口すぐのところには広々とした休憩スペースも用意されており、用意されたマンガを読んだり、ソファシートやハンモックなどを利用してゆったりと過ごすことも可能です。

そんなコロナの湯大垣店の健美効炉は2021年4月23日にリフレッシュオープンしました。
4月21日と22日の2日間の休館を経て、より快適な空間になったとのことです。

というわけで、リフレッシュオープン初日の2021年4月23日にさっそく足を運んでみました。
今回の記事では新しくなった健美効炉が、どのような変化を遂げたのかを紹介します。

ここが変わった!健美効炉

筆者はこれまでに何度もコロナの湯大垣店の健美効炉を利用しています。
直近で足を運んだ際の記憶と照らし合わせて、大きく変わったと感じたのは健美効炉の休憩スペースの雰囲気です。

簡単にいうと、「緑がたくさん取り入れられた」印象。

空間内には観葉植物がいくつも設置。
壁にはたくさんの緑の葉を描いたデザインが施されていました。
さらには、人工芝が敷かれたエリアも。

これまでの健美効炉の休憩スペースは全体的に黄土色や薄茶色っぽいイメージが強かったので、かなり雰囲気が変わったように感じました。

緑は自然をイメージさせる色。
安らぎや癒しの効果があるといわれており、リラックス空間に向いています。

より一層くつろぎに適した空間になったわけですね。

また、今までは大型テレビが1台設置されていて地上波放送が流されていましたが、リニューアルによってテレビは無くなっていました。
テレビの音声が雑音になることもあるでしょうから、テレビを無くしたことで、より落ち着いてくつろげるようになっているかもしれません。

そのほかに筆者が注目した変化としては、設置されていたマンガです。

まず、室内のレイアウトの変更によって本棚の配置が変更。
壁際に並べられていた本棚が、空間内の一角に集約されていました。

さらに、本棚に設置されたマンガのラインナップが変わっていました
マンガの入れ替えが行われたようで、最近の人気作を中心に以前は設置されていなかった作品が揃えられていました。
もちろん、これまでも設置されていた人気作も並んでいます。

なお、少し古いものや少しマイナーなものを中心に設置がなくなっていたタイトルもあるようです。

本の入れ替えが行われたことで、新しいタイトルとの出会いがあるかもしれませんね。

以上、リフレッシュオープンによって大きく変化が感じられた点を紹介しました。
緑が多く取り入れられたことによってリラックスして過ごせる空間になっていると思います。
マンガの入れ替えが行われたことで、新たに読みたいタイトルがみつかるかもしれません。

本記事を読んでリフレッシュオープンした健美効炉が気になった方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

※本記事の掲載情報は体験当時(2021年4月23日時点)のものです。最新の情報はコロナの湯大垣店[公式サイト] をご確認ください。

■体験者:34歳男性