サウナ人気で盛り上がっている近年。
サウナは全国各地にありますが、その中でもサウナ愛好家から高い評価を得ているサウナが存在しています。

「サウナしきじ」

静岡県静岡市の「敷地」という地域にあるこのサウナは、全国各地から愛好家が訪れる有名店。
これまでにも多数のメディアに取り上げられ、「サウナの聖地」と呼ばれています。

2種類のサウナ、水風呂、食事などなど様々な魅力を持つサウナしきじ。
その人気から、なんとオフィシャルブックが販売されています。

書籍1冊分の内容が1つのサウナ施設で占められているんですよ!

聖地・サウナしきじのオフィシャルブック

本記事で紹介するのは『サウナしきじ /開発社/笹野美紀恵』。

本のタイトルがサウナ施設の名前そのままですね。
その名の通り、サウナしきじのオフィシャルブックです。

本の編集長はサウナしきじの経営者の娘である笹野美紀恵さんです。

筆者がこの本を見つけた時にまず思ったこと。
「1つのサウナ施設で書籍1冊分の内容が埋まるものなの?」

失礼ながら、1つのサウナ施設に書籍1冊を埋めるほどのネタがあるとは思えませんでした。

東京ディズニーランドのような大型テーマパークなら、1施設で書籍1冊分の内容を用意することは可能でしょう。
しかし、サウナ施設にはそこまでの規模はありません。
書籍で詳しく取り上げられていたとしても、数ページ程度の内容で収められているイメージです。

書籍1冊は百何十ページにもおよぶわけですから、中身はどんな内容で埋められているのか興味が湧きました。

そして、本を手に入れて目を通した結果・・・サウナしきじの魅力やサウナの奥深さを知ることになりました。

本の内容は盛りだくさん。
館内を細かく紹介した施設完全図解、笹野美紀恵さんが語るサウナしきじの歴史と将来、温泉専門家による水風呂の解説、食堂メニューのランキング紹介、サウナしきじファンである有名人のスペシャル対談、サウナしきじファン各界著名人のコメントなどなど。
ゴマアザラシのゴマちゃんでおなじみのマンガ「少年アシベ」のサウナしきじを舞台とした物語も掲載されています。

また、世界のサウナ事情、初心者向けサウナ講座といった、サウナに関する情報にもページも。

書籍1冊分の内容の大半が1つのサウナ施設のものとなっているため、書籍で数ページ程度紹介される場合には取り上げられないような内容も詰め込まれています。
そこに今まで知らなかった新しい発見があり、サウナしきじを通してサウナの世界をより深く知ることができます。

本の帯には「死ぬまでに一度は訪れたい」、カバーには「サウナ好きなら一度は訪れるべき」といったワードが記載されています。
聖地と呼ばれるくらいですから、足を運べば満足して帰ることができることを期待できるはず。

しかし、サウナしきじは静岡県にある1サウナ施設のため、日本全国で見れば気軽に足を運べる人は限られます。
サウナが好きな人であっても、サウナしきじに足を運ぶ機会は人生で数回程度になってしまうことも珍しくないでしょう。

筆者の感想としては、この本はサウナしきじに何度も足を運べる人よりも、なかなか足を運ぶことができない人こそ手に取るべきだと思います。
気軽に足を運べないからこそ、この本を手に取って疑似的にサウナしきじの魅力を味わってはどうでしょうか。