岩盤浴について、こんな疑問をよく耳にします。

「岩盤浴するなら食事の前のほうがいいの?後の方がいいの?」

健康のために通っている人を中心に、食事との兼ね合いが気になる人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、岩盤浴と食事のタイミングについて取り上げていきます。

なんとなくのイメージは・・・

e6f146b6900d60bd957413d26fd6f12f_s
日本人の中には「食べた後にすぐ寝ると牛になる」と教えられて育ってきた方も多いのではないでしょうか。
その言葉のイメージから、食後すぐに寝るのは太るという印象がありますよね。

岩盤浴は岩盤ベッドの上で寝て(横になって)汗をかきます。
じっと寝ているだけなので、食後すぐの岩盤浴はかえって太りそうな気がしますね

一方で、岩盤浴は体を芯から温めることで発汗を促し、体内の各器官の働きを活発にします。
エネルギーの消費が多くなるため、しっかりと食事を摂ってから岩盤浴をしたほうが良い気もしますね

食事の後に寝るのはNG!は間違い!?

ba7f77fbdd19d4c7a9569b1767be6bd3_s
食後すぐに寝るのは良くないと思っている方は多いと思います。
しかし、これには少し誤解があります。

食後にしばらく横になることは、むしろ良い事と言えるのです。

食後というのは、消化器官へ血液が集まり、消化器の働きが活発になるのです。
これはもちろん、食べたものを消化するためですね。
しっかりと消化器が働いてくれることで、食べたものがしっかりと消化されていきます。

でも、食後すぐに活発に活動を始めたらどうなるでしょうか。
体を動かすということは、血液を全身に行き渡らせることになります。
すると、消化のために消化器へ集まるはずの血液が、体の各部へ分散してしまいます。

そうなると、消化器に集まる血液が少なくなるため消化機能が低下し、消化不良を起こしやすくなるのです。

つまり、食べたあとしばらくはじっと横になる方が、消化が促されるのです。

ちなみに、食後に眠くなったり、頭が回らなくなったりするのは、消化器に血流が集中する関係で他の機能が低下するからです。

ただし、これは食後の休憩程度に横になる場合の話です。

食後すぐに深い睡眠に入り、何時間も寝た状態になるのは良くありません。

なぜなら、眠ると体全体の機能が低下するためです。
消化器系も同様に機能が低下するので、消化が遅くなります。

短い時間寝転がるのは良いが、長時間眠ってしまうのは良くないのです。

昼食後の1時間程度の昼寝は消化を助けることになりますが、夕食後にすぐ寝入ってしまうのは消化を悪くしてしまうということですね。

食後すぐの岩盤浴

0ca18f8c10a7a686251aaf3f6b542b74_s
では、岩盤浴においてはどうでしょう。

食後にじっと寝転がっていることが消化を助けるなら、食事を摂ってから岩盤浴で寝転がるのは良いのでは?

そんな風に感じられた方もいると思います。

しかし、岩盤浴に入って体が温められると、体内の各器官の働きが活発になり代謝がよくなります。
すると、どうでしょう。

消化器に集まるハズだった血液が、各器官に流れてしまうのです。
ということは消化器の働きは低下することになりますね。

つまり、「消化」という点において、食後すぐの岩盤浴というのは避けた方が良いのです。

岩盤浴直後の食事

3e45765b4be85e3e901890f03f9a726d_s
では、岩盤浴から出てすぐに食事を摂るのはどうなのでしょうか。

岩盤浴直後は代謝の良い体になっています。
体内の各器官が活発になっているため、消化器に血液が集中しづらい状態です。

また、代謝がよくなることで栄養分の吸収力が上がっている状態でもあります。
そのため、炭水化物や高カロリーのものなどを摂ると、通常よりも体に吸収されて脂肪などがつきやすくなります。

ダイエット効果を期待するのであれば、岩盤浴直後の食事には要注意です。

一方で、摂りたい栄養を摂取するには良いタイミング
例えば、ビタミンCを摂るために、ビタミンCが豊富な野菜や果物などを食べるのは効果的とされています。

岩盤浴直前・直後の食事は避けよう

f6ac6aa14db843ac1a024e3c2ccc1ddb_s
「岩盤浴するなら食事の前のほうがいいの?後の方がいいの?」という疑問からスタートした本記事。

この疑問に対する答えとしては中途半端に聞こえるかもしれませんが、岩盤浴の直前や直後にはしっかりとした食事は摂らないことをおすすめします。

事前に食事を摂るなら2時間前には済ませておく。
岩盤浴後の食事は1時間以上は空けてからにしたいところです。

消化へ影響するタイミングや、吸収の良いタイミングでの食事は避けたいですね。
※食べたものによって消化にかかる時間は変わってくるのであくまで目安です。

ちなみに、ここで言う「食事」とは、空腹を満たすためのガッツリとした食事のこと。

アミノ酸サプリメントなどを岩盤浴前に摂ると、脂肪が効率よく燃焼されると言われています。
ビタミンCなど摂取したい栄養を補給するために、岩盤浴直後に特定の食べ物を食べるのは効果的です。

もちろん、水分補給に関しては、こまめに行うべきです。

満腹・空腹時の岩盤浴の弊害

4f7452e546273261bae98faf6cdad075_s
空腹時、満腹時の岩盤浴にはいろいろと問題があります。

空腹時の岩盤浴は、ふらつきなどの体調不良を起こしやすくなります。
あまりにも空腹になっている状態で入浴するくらいなら、2時間以内であっても少しは何か食べてからにしましょう。

満腹でも岩盤浴も、もちろん好ましくありません。
満腹時ほど消化器官を重点的に働かせる必要があるのに、体全体の代謝がよくなることが消化の妨げになってしまいます

また、満腹時にはゆったりとした深い呼吸ができないこともデメリットになります。

そもそも空腹時・満腹時どちらも辛い状態なので、発汗に集中できませんよね。

つまり、岩盤浴は満腹でも空腹でもないフラットな状態でするのがおすすめなのです。

食事処がある施設もあるからなぁ

f96c1f34f94d083e7266d7385a102d55_s
最近ではスーパー銭湯内に岩盤浴があることも多いです。
ほとんどのスーパー銭湯の館内には食事処がありますから、メニューが見えたり食べ物の香りがしてくると食事を摂りたくなりますよね。

消化のことを考えると、食前・食後の岩盤浴は避けた方が良いと言えます。

しかし、それを意識して時間を空けるために時間つぶすのも考えものですよね。

軽く食事を摂る程度にしておく、お風呂に入ることで時間を空けるなどして、館内の食事も楽しみたいですね。