好きな岩盤浴ベッドの形状は?

岩盤浴いんふぉでは当サイトへお越しいただいた方へアンケートを実施していました。

アンケートの質問は「好きな岩盤浴の床(ベッド)はどっち?」というもの。

約26日間で50名の方にご回答いただきました。
アンケートにご協力いただいた皆さん、ありがとうございます。

岩盤浴では大きく分けて2種類の岩盤浴ベッドを見かけます。

1つは石が平らなプレート状になっているもの。
本記事では「板状」と記載します。

もう1つがたくさんの小石が敷き詰められているものです。
本記事では「砂利状」と記載します。

施設ごとに用意されたベッドの形状は異なりますが、大きな岩盤浴施設になると様々な形状のベッドが用意されていることもあります。
そのため、これまでに複数の岩盤浴ベッドを体験された方も少なくないでしょう。

みなさんはどのタイプの岩盤浴ベッドが好みなのでしょうか?

結果発表!!

では、アンケートの最終結果を発表しましょう。
結果は次の通りです!

Q:好きな岩盤浴の床(ベッド)はどっち?

  • 砂利状(たくさんの小石が詰めてあるもの) (56%, 28 Votes)
  • 板状(平らなプレート状の石のもの) (44%, 22 Votes)

回答者数: 50

Loading ... Loading ...
※アンケート期間:2017年3月21日~2017年4月15日

板状のベッドが好きという方が22名(44%)。
砂利状のベッドが好きという方が28名(56%)。

大きな差はついていないものの、砂利状ベッド好きが多数派という結果になりました。

自分に合った岩盤浴を選ぼう

アンケートの結果でもわかるように、ベッドの形状によって寝心地が異なるため、人によって好みは分かれるところ。

板状ベッドは平らなのでベッド内の各箇所が均一
そのため、寝心地が安定しています。

砂利状ベッドは使われている石によって差があります。
摩擦が少ないタイプの石のベッドはゴツゴツしているため、体のツボを押されているような感じの寝心地です。
摩擦が少ないタイプの石のベッドは体を乗せると石が動くため、接触部が体にフィットしやすいです。

リラックスして発汗に取り組むのであれば、自分に合う岩盤浴ベッドが多い施設を利用したいところ。
各施設の公式サイト内では岩盤浴の画像が掲載されていることが多いので、気になった施設にどんな岩盤浴ベッドがあるのかを確認してから足を運ぶといいと思います。

もし複数人で行く場合にはそれぞれの好みを考えて、ベッドの選択肢が多い岩盤浴を選ぶのもいいかもしれませんね。