235413087971dfd6b0261e1bb32f8dc7_s

ロウリュウで暑さ対策する?

岩盤浴いんふぉでは当サイトへお越しいただいた方に対してアンケートを実施していました。

アンケートは「ロウリュウで暑さ対策のためにタオルを使って頭や顔を覆う?覆わない?」というもの。

約71日間で50名の方にご回答いただきました。
アンケートにご協力いただいた皆さん、ありがとうございます。

近年、岩盤浴やサウナ施設で「ロウリュウ」を見かけることが多くなってきました。
ロウリュウとは、サウナ室の炉に水を入れることで水蒸気を発生させ、室内の体感温度を上げることで発汗を促す温浴習慣。

日本ではイベントとして開催されることが多く、店舗のスタッフさんが参加者をうちわで扇ぐものが一般的です。
蒸気が室内に立ち込めるだけでも熱さを感じられるのですが、うちわを使って熱い空気の風を浴びせられることで、参加者はより熱さを体感できるのです。

通常のサウナ以上の暑さを感じることができるロウリュウ。
初めてロウリュウを体験する人は、予想以上の暑さに驚くと思います。

もし暑さに耐えられない場合は無理せずに退室すべきです。
でも、できれば最後まで頑張ってイベントの雰囲気を味わいたいですよね。

そんな時には「タオルを使って頭や体を覆う」ことがおススメです。
タオルで体を覆うことで、体感温度を和らげることができます。

お風呂のサウナではハンドタオル、岩盤浴施設であれば大判のタオルを持っていますよね。
そのタオルを使って、暑さを防ぐのです。

ハンドタオルでも頭にかければ、頭や顔を覆うことができます。
大判タオルなら頭から上半身くらいまでなら覆えます。

顔や頭への暑さを防ぐだけでも、暑さの感じ方は大きく異なるんですよ。

ロウリュウ

さて、暑さ対策の方法はわかりました。
でも、それを実践している人が自分以外にいなかったら気まずいですよね。

誰もやっていない行動を自分だけ実践するのは勇気がいるもの。

そこで今回のアンケートが1つの参考になるわけです。
どれくらいの人がロウリュウでタオルを使って暑さ対策をしているのでしょうか?

結果発表!!

では、アンケートの最終結果を発表しましょう。
結果は次の通りです!

Q:ロウリュウで暑さ対策のためにタオルを使って頭や顔を覆う?覆わない?

  • 覆わない (68%, 34 Votes)
  • 覆う (32%, 16 Votes)

回答者数: 50

Loading ... Loading ...
※アンケート期間:2018年3月17日~2018年5月26日

「覆わない」と回答された方が68%(34票)。
「覆う」と回答された方が32%(16票)。

覆わない人の方が多数派ではありますが、およそ3人に1人はタオルを使って顔を覆っていることになりますね。
この割合であれば、ロウリュウ参加者がタオルで顔を覆うことは普通にある光景といえるでしょう。

発汗を促すために、ある程度は暑さを我慢することは必要かもしれません。
でも、無理に我慢して体調を悪くしてしまうのは考えものです。

暑さに弱い人は対策をしてロウリュウに参加することをおススメします。

サウナのロウリュウの方が熱さを感じる?

タオルで覆うことで熱さを和らげることができるのは顔だけではありません。
例えば、大判タオルを肩から掛けてマントのように体を覆えば、体への暑さを抑えることもできます。
もちろん、暑さを和らげるために体を覆うものはタオルに限りません。

ということは・・・
裸で参加することになる浴場サウナのロウリュウよりも、岩盤浴着を着た状態で参加する岩盤浴のロウリュウのほうが、浴着で体が覆われている分だけ暑さが和らぐことになります。

その点を考えると、暑さに強い人はサウナのロウリュウ、暑さに弱い人は岩盤浴のロウリュウのほうが向いていることでしょう。
※体感できる暑さは店舗やイベントといった開催ごとに異なります。

自分に合ったロウリュウが開催される店舗を探してみるのもいいかもしれませんね。