らくスパ名古屋にぐでたまが!

IMG_1099
愛知県名古屋市にあるスーパー銭湯 「RAKU SPA GARDEN 名古屋(らくスパガーデン)」(以下、「らくスパ名古屋」と表記)。

株式会社極楽湯が運営する「RAKU SPA」ブランドの温浴施設で、2018年6月にオープンしました。

館内は温泉・サウナのほか、岩盤浴、2つの飲食店、4万冊以上のコミックコーナー、リクライニングコーナー、エステ、ヘアカットといった様々なサービスが用意されており、1日中滞在して楽しめるスーパー銭湯になっています。

3F~5Fの3フロアが使われた館内は広々とした空間に芝生や植物、テントやハンモック、炉などを設置。
屋外を思わせる雰囲気で、まさに「GEADEN」という感じです。

そんならくスパ名古屋ですが、2018年8月にある異変が起きています・・・
館内のいたるところに、「ぐでたま」が出現しているのです!

rakusupagudetama

らくスパ名古屋のシステム

IMG_1098-2
ぐでたまが気になるとは思いますが、ここでらくスパ名古屋のシステムについて説明しておきます。

らくスパ名古屋があるのは名古屋の中心地からはやや離れた名東区。
らくスパ名古屋周辺はアパートが立ち並ぶ生活感あふれる雰囲気で、比較的自然の多いエリアに位置しています。

無料の駐車場が完備されているため、車で訪れやすいです。
また、星ヶ丘駅、栄駅とらくスパ名古屋間で無料送迎バスが走っているため、電車を使って足を運ぶこともできます。

らくスパ名古屋の建物に入ったら、階段かエレベーターでフロントのある4Fへ上がります。
4Fへ上がったら靴を靴箱ロッカーへ。
靴箱のキーは退館時まで自身で管理することになります。

フロントへ行くとリストバンドと館内着の引換券でもある明細を渡されます。
リストバンドには円形のタグが付いており、館内の有料のサービスはキーのタグをかざすことで受けることができます。
入館料含め、全ての清算は退館時に行うことになります。

また、リストバンドには脱衣所のキーもついています。
脱衣所で利用するロッカーはリストバンドに記載されているNoのものを使うことになります。

フロントでの手続きを終えたら、小さなショップにもなっている通路を通って館内着貸出カウンターへ。

フロントで渡された明細を提示して、館内着を受け取ります。
館内着は男性が3種類、女性は5種類の中から選ぶことができます。
女性用には丈の長いワンピースタイプのものも用意されています。

館内着と一緒にバスタオル、フェイスタオル、岩盤浴用マットタオルもセットで貸し出されます。
入浴や岩盤浴に最低限必要なアイテムは一式借りられるので、手ぶらで足を運んでも問題ありません。

館内着のセットを受け取ったら、入館の流れは一通り終了。
脱衣所で館内着に着替えて、岩盤浴など館内の施設を楽しみましょう。
もちろん、着替える前に入浴してもOKです。

退館時は、ますは貸し出された館内着、フェイスタオル、バスタオル、岩盤浴マットタオルを返却します。
館内着貸出カウンターの近くに返却ボックスがあるので、各アイテムをそれぞれ分別してボックスの中に入れていきます。

館内着を返却したらフロントへ。
フロントで入館料を含め利用した有料サービス一式の支払いを行います。

支払いを終えたら、退館ゲートを通るために必要となるQRコードが渡されます。
靴箱の手前にある退館ゲートのセンサーにQRコードをかざすことでゲートを通ることができます。

ちなみに、このQRコードは一度しか使えないものです。
そのため、センサーにかざした後にすぐにゲートを通らなかったり、別のゲートのセンサーにかざしてしまったりすると、ゲートを出られなくなってしまいます。
退館できなかった場合はQRコードを再発行してもらう必要があるので注意しましょう。

自身での管理となる靴箱のキーを使って靴箱から自分の靴を出します。
靴に履き替えて退館です。

らくスパ名古屋の岩盤浴

rakuspa-kannnaigi
当サイトは岩盤浴のサイトですから、らくスパ名古屋の岩盤浴についても紹介しておきます。

らくスパ名古屋には5種類の岩盤浴エリアが用意されています。
岩盤浴があるのは4Fフロアです。

30度台中盤の温度設定がされている低温岩盤談話室が「集(つどい)」
岩盤浴エリアの入り口ともなっているスペースで、エリア内にはクッションや蜂の巣型のブースが用意されています。
コミックも設置されており、エリア内で読書をしている人が多数いました。

室内壁面にアメジストが使われている岩盤浴室「艶(つやめき)」
室内には板状の岩盤ベッドと玉石上の岩盤ベッドが並べられており、好きなタイプのベッドに寝転がって発汗に励むことができます。
室温は50度ほど。

ロウリュウイベントが開催される「煌(きらめき)」
室内は大きな炉が設置され、壁際が木製の腰掛になっているサウナ室のような空間です。
温度は60度台後半ほどで、備え付けのテレビで番組を観ながら汗をかくことができます。
大きな窓があるため日中は明るく、外の景色も楽しめます。

韓国伝統のサウナ・汗蒸幕がイメージされたドーム空間「瞬(またたき)」
室内の天井には、プロジェクターによる演出でプラネタリウムが投影されます。
室温は40度台半ばほどです。

クールダウンルーム「凛(りん)」
岩盤浴やロウリュウで火照った体を冷やすためのエリアです。
室温は15度前後と寒くなりすぎない温度に設定されています。

ロウリュウイベント

IMG_1140
ロウリュウサウナ室である「煌」では、1日4回ロウリュウイベントが開催されています。

らくスパ名古屋のロウリュウイベントは、参加者へ積極的な参加を促すスタイル
ロウリュウボーイズ、ロウリュウガールズと呼ばれるスタッフさんが、巧みな話術やゲームなどで場を盛り上げて、みんなで楽しく熱さを体感するものとなっています。

ここではロウリュウイベントの大まかな流れについて紹介します。

イベント開催時刻直前になると、スタッフさんがイベント参加の呼びかけを行います。
だいたい5分前くらいから徐々に参加者が煌へ集まり始める印象です。

イベントを担当するスタッフさんは1つの回で3人~4人ほど。
開催時刻になるとスタッフさんは簡単な説明を行ったり、参加者に氷を配布します。

テレビのモニターをロウリュウイベント用の映像に切り替えたら、スタッフさんはいったん退室。

室内にはロウリュウイベントのオープニングともいうべき映像が流れます。
映像によるイベント開始のカウントダウンが終わると、スタッフさんが再入場。
ここからがイベントの本番です。

まず最初に行われたのが、炉に水をかけるコーナー。
スタッフさんによって選ばれた参加者が、如雨露で炉に水をかけるものです。
選抜された参加者は自分の如雨露に名前を付けることを求められたり、選抜以外の参加者は選抜者が水を炉にかける際に掛け声をかけるといったことが行われました。

次に行われたのが、アロマの香りあてゲーム
回ごとに使用するアロマ水が異なるため、今回のイベントで使われているアロマ水の香りをかいで、何のアロマ水であるかをあてるゲームです。

炉にアロマ水が投入され、室内にアロマの香りが漂います。
アロマの香りとともに室内の体感温度も大きく上がります。
スタッフさんはこの時、大きな団扇で室内及び参加者をあおいでいきます。

スタッフさんによって指名された参加者は、アロマの香りを回答します。
ちなみに、最初に指名された人は正解を出さないという暗黙の了解があるようです(笑)。

最後に行われたのが、みんなで「森のくまさん」を歌うコーナー。
参加者は立ち上がり、スタッフさんの合図に従って手拍子しながら森のくまさんを歌います。

ロウリュウでは高い位置ほど熱気が集まります。
そのため、立ち上がった時には熱さがより高く感じられます。

歌と手拍子によって盛り上がったところでイベント終了です。

イベント後は多くの参加者がクールダウン室「凛」へ涼むために移動します。
スタッフさんも凛へ移動して、団扇で参加者を仰いでいました。

ちなみに、イベントの内容は担当するスタッフさんや回ごとに細部が異なるとのことです。
紹介した流れは一例として参考にしていただけると幸いです。

ぐでたま×極楽湯コラボキャンペーン

rakuspa-gudetama1
2018年8月1日~31日までの期間、らくスパ名古屋ではぐでたま×極楽湯コラボキャンペーンが開催されています。

このキャンペーンはすでに他のRAKU SPAや極楽湯で以前に開催されており、らくスパ名古屋のぐでたま×極楽湯コラボキャンペーンは極楽湯全体としては第3弾とのことです

ぐでたま×極楽湯コラボキャンペーンでは主に以下の内容が行われています。

・ぐでたまの湯(2018年8月22日~31日)
・コラボメニュー
・コラボ限定グッズ販売
・フォトスポット

ぐでたまの湯は卵を使ったお菓子をイメージしたオリジナルの入浴剤が使われたお風呂とのこと。
筆者体験時には開催されていなかったので、詳細は割愛します。

コラボメニューは、3Fにある「レストランガーデンダイニング楽」で提供される期間限定のメニュー。
ぐでたまの装飾がされたメニューを楽しむことができます。
コラボメニュー注文者には特製のコースターのプレゼントもあります。

IMG_1139

コラボ限定グッズの販売も行われています。
7アイテム18種類のグッズが館内着貸出カウンター付近で並んでいました。

フォトスポットは、館内各所にぐでたまと極楽湯のコラボパネルやオブジェクトが設置されています。
この機会にぐでたまが映った写真を撮影することができます。

IMG_1108

IMG_1152

実際に足を運ぶと、とにかく館内各所にぐでたまがいることに驚くでしょう。
館内のいたるところに、ぐでたまと極楽湯のコラボパネルやイラスト、ぐでたまのカラーボールが設置されているのです。

特に3Fのぐでたま率はハンパないです(笑)。

rakuspa-gudetama2

芝生の上に転がっていたり・・・

rakuspa-gudetama4

虫かごの中に捕らえられていたり・・・

rakuspa-gudetama5

窓に貼られていたり・・・

rakuspa-gudetama6

レストランの机にも貼られていたり、入れ物に詰められていたり・・・

rakuspa-gudetama7

壁に大きなパネルが設置されていたり・・・

IMG_1115

ぐでたま好きにはたまらないコラボキャンペーン。
本記事公開時点でキャンペーン期間は残り僅かとなっていますが、この機会にRAKU SPA GARDEN 名古屋へ足を運んでみてはどうでしょうか?

※本記事の掲載情報は体験当時(2018年8月18日時点)のものです。最新の情報はRAKU SPA GARDEN 名古屋[公式サイト] をご確認ください。

■体験者:32歳男性