最近の岩盤浴は休憩エリアにマンガコーナー(コミックコーナー)を設けているケースがよく見られます。
休憩がてらマンガを読んでいる人も少なくありません。

筆者も岩盤浴のインターバルで休憩をとる際には、マンガを読んで過ごすことが多いです。
岩盤浴を終えて、マンガを1冊読んで、再び岩盤浴に戻る。
マンガ1冊読み終える頃には体の火照りも落ち着いていて、結果的にいい感じでクールダウンの時間が取れるんですよね。

さて、今回はそんな筆者が岩盤浴の休憩中に読んだマンガのタイトル(作品)を紹介します。

紹介するのは「ヒカルの碁」です。

ヒカルの碁の概要

ヒカルの碁は少年ジャンプで1999年~2003年に連載されていた作品です。
ジャンプコミックスは全23巻が刊行されています。

平安時代の天才囲碁棋士・藤原佐為に憑りつかれたことをきっかけに碁(囲碁)を始めた主人公の進藤ヒカル
佐為の「神の一手」への熱意や、名人を父を持つ塔矢アキラとの出会いをきっかけに、ヒカルは囲碁にのめりこんでいきます。

中学生の大会、院生、プロ、国際大会と舞台を移しながら、囲碁を通してヒカルの成長が描かれています。

ここがポイント

ヒカルの碁を取り上げた理由としてまず挙げたいのが「石」に関係する作品であること。

岩盤浴といえば、熱せられた岩盤(石)の上で寝転がって発汗を促す温浴です。
ヒカルの碁は囲碁を題材とした作品で、囲碁といえば「碁石」を使って対局が行われます。

岩盤浴もヒカルの碁も「石」という共通点があるわけですね。
かなり強引な関連付けではありますが、岩盤浴の休憩では「石」に関係した作品を読んでみても良いのではと思います。

そういえば、黒の碁石はマッサージやセラピーに使われるホットストーンに似ている気がしませんか?

さて、ヒカルの碁は少年誌のジャンルとしては珍しい「囲碁」を扱った作品です。

囲碁というとルールが複雑で難しいイメージがありますよね。
実際、ぱっと見が似ているオセロゲームと比べるとかなり難解ですし、将棋と比べても勝敗の見分けが付けづらい面は否定できません。

そんな囲碁を扱った作品なので、「囲碁がわからない人が楽しめるのか?」と思うところですが、基本的に囲碁の知識が無くても楽しめます
全23巻読破している筆者ですが、囲碁のルールや盤面の戦局については正直サッパリです。

ただ、それは見方を変えれば、ヒカルの碁には囲碁以外の魅力があるのだと思っています。
筆者が個人的に思うヒカルの碁の大きな魅力は「高い画力」と「心理描写」です。

ヒカルの碁の作画を担当されている小畑健先生はマンガ家の中でも画力に定評のある方。
リアリティがありつつもマンガ用にデフォルメされた絵柄のキャラクターと、現実世界を忠実に再現したと思わせるキレイな背景は、それだけで一見の価値があるものだと思います。

対局(囲碁の試合)中のキャラクターの心理描写も注目のポイント。
ヒカルの碁では、各キャラクターがどのような思いで対局に臨んでいるのか、といった点に重点が置かれて対局が描かれています。

囲碁は大きな体の動きはなく、初心者には勝敗すらわかりづらい競技です。
そんな地味で難解な競技のシーンを面白くしているのが、まさに心理描写。
登場人物の緊張が伝わってくるような絵や心の声を通して、手に汗握る展開が楽しめます。

店舗紹介

筆者がヒカルの碁を読んだのは、岐阜県大垣市にあるスーパー銭湯・コロナの湯 大垣店です。

コロナの湯大垣店内には健美効炉という天然溶岩サウナや、サロンスパジアムという岩盤浴が設けられています。

1階フロアにある健美効炉は、熱せられた天然鉱石が積まれたトロッコ式の熱炉が設置された温熱空間。
広々とした空間が2か所の熱炉で温められています。
健美効炉内では、丸太のイスやビーチチェアのようなシート、あるいは床のシート上で、座ったり寝転がりながら過ごします。
また、奥には岩盤浴空間も用意されています。

健美効炉を出てすぐのところに広めの休憩エリアがあり、壁際には本棚が設置されマンガが並んでいます。
休憩リアではマンガを読みながらくつろいでいる人も多くみられます。

ちなみに、健美効炉内には本の持ち込みが許可されています。
そのため、健美効炉内でマンガを読んでいる人も少なくありません。

サロンスパジアムはオーソドックスな岩盤浴。
男女兼用の岩盤浴室は、健美効炉と比べると湿度が高めの空間で8つほどの岩盤ベッドが並んでいます。

サロンスパジアムのエリア内にも休憩エリアが設けられており、本棚にマンガが並びます。
ただ、健美効炉とは違い岩盤浴内には本の持ち込みはできませんので、こちらは休憩エリアで読書を楽しむことになります。

2フロアにエリアが分かれており、それぞれでコミックコーナーが用意されているのが大垣コロナの湯の特徴です。

※本記事の掲載情報は体験当時(2020年8月16日時点)のものです。最新の情報は天然温泉コロナの湯 大垣店[公式サイト] をご確認ください。

■体験者:34歳男性