サウナブームといわれる昨今。
温浴施設ではサウナ利用者が増えているという話も耳にしますね。

サウナには高い位置ほど熱くなる特徴があります。
熱い空気は上に集まる性質があるからです。

その傾向を強く感じられるのがタワーサウナ
タワーサウナとは、腰掛となる段差を高く積み上げたサウナのことです。
段差の下方と上方では高低差が生まれるため、段差の下の方の温度と上の方の温度では10℃~20℃以上違う場合も珍しくありません。

さて、そんなタワーサウナを体験できる温浴施設の1つが、愛知県江南市にある松竹温泉 天風の湯です。
浴場内に設けられたサウナは、6段の段差を持つタワーサウナになっています。

筆者は2022年6月に天風の湯のサウナを体験しましたので、今回の記事ではその体験をもとに天風の湯のサウナについて紹介してきます。

天風の湯のサウナ

アピタ江南西店(ヴィアモール)の東隣にある天風の湯。

靴箱に靴を入れ、券売機で券を購入したら、受付を済ませます。
受付向かいにはサウナハットやサウナマットなどが並ぶグッズ販売の棚がありました。

脱衣所や浴場があるのは建物の2階。
服を脱いで浴場へ入りましょう。

天風の湯は地下1300mから湧き上がる天然温泉です。
岩風呂、桧風呂、壺風呂など様々なお風呂に天然温泉が使われています。
また、それ以外にも高濃度人口炭酸泉のお風呂もあります。
内湯も露天風呂もあるので、サウナだけでなくお風呂もしっかりと味わいたいですね。

そんな天風の湯の浴場内の一角に設けられているのがサウナです。

サウナの入り口付近にはサウナマット(湯座マット)が用意されています。
マットの利用方法の案内もあり、利用時にはマットを洗う、用意されているアルコールで消毒する、といったことが書かれていました。

サウナ室の中は6段になったタワーサウナ
4段目までは一列6人ほど、5、6段目は一列に4人ほど座れる形となっています。

段差の向かい側には、両サイドに熱炉、真ん中にテレビや温度計、十二分計があります。
温度計は高さ違いで2つ設置されていて、低い位置が約85℃、高い位置が約95℃を示していました。

また、段差の横の壁には、低い位置には「低温」、真ん中あたりの位置には「中温」、高い位置には「高温」と書かれており、段差の高さで熱さが異なることを表していました。
実際、1、2段目に座った場合と、5、6段目に座った場合とでは感じられる温度が全然異なっており、熱いのが苦手な人は最初は低い位置から体験する方が良いと思います。

サウナと併せて入りたいのが水風呂。
天風の湯の浴場にも水風呂は設けられています。
場所は浴場内の隅にあり、サウナのすぐ側です。

水温がデジタル表示されており、筆者が確認した際の水風呂は16.2℃を示していました。

浴槽の深さは、成人男性が浴槽の底にお尻を付けて座るにはちょっと深いくらい。
そのため、顔を水面に出したまま入るのであれば、屈んで入る形となります。

浴槽は結構広めで、浴槽横の窓からは露天風呂の景色を見ることができます。

露天風呂エリアには、各所にイスが設置されており、外気浴が可能。
寝転がることができる畳の休憩スペースもあります。

サウナ⇒水風呂⇒外気浴のルーティンをして「ととのう」ことも問題なくできますね。

岩盤浴天風房も

サウナ室に段差を持つ温浴施設は数多くありますが、6段もの段差があるのは珍しい部類に入るでしょう。
段差が多い分だけ収容人数も多いので、座れないということは少なそうな印象です。

高さによって感じられる熱さは結構違ったので、1回サウナへ入るごとに座る段差を変えて、毎回違った温度を体感してみるのもいいかもしれません。
また、その時々の体調や気分に合わせて陣取る位置を変えて利用することもおススメです。

水風呂の広さもポイント
温浴施設によっては2~3人しか入れないサイズのため、タイミングが悪いとサウナを出てから水風呂に浸かるまでに待ちが発生する場合があります。
でも、天風の湯の水風呂は結構な広さがあるため、そういったことは少ないと思います。
他の利用客がいたとしても、サウナ⇒水風呂⇒外気浴のルーティンをスムーズに行えそうです。

さて、そんな天風の湯ではサウナ以外にも発汗できるスポットがあります。
それは岩盤浴エリア「ヒーリングルーム 天風房」です。

トルマリン岩塩房とロウリュウ房の2つの岩盤浴房内で発汗に励むことができます。
ロウリュウ房では1日7回自動ロウリュウが開催されるので、ロウリュウ好きはチェックしたいところですね。
※天風房の利用には追加で天風房利用料が必要です。

岩盤浴については別の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方は一読してみてください。
天風の湯ではサウナも岩盤浴もチェックしたいですね。

※本記事の掲載情報は体験当時(2022年6月18日時点)のものです。最新の情報は松竹温泉 天風の湯[公式サイト] をご確認ください。

■体験者:36歳男性