名古屋市守山区の香流温泉 喜多の湯

IMG_0530 (2)
香流(かなれ)温泉 喜多の湯の岩盤浴「SAMSARA(サンサーラ)」を体験してきました。
香流温泉 喜多の湯は愛知県名古屋市守山区にある温泉施設です。

IMG_0529 (2)
香流温泉 喜多の湯は建物の1階とその周辺が駐車場になっています。
駐車場に車を停め、階段で2階へ上がります。
ちなみに、エレベーターでも上がれます。

喜多の湯では料金は前払い。
入り口付近の券売機で希望メニュー(入浴+岩盤浴)を選択し、チケットを購入します。
受付へチケットを持っていき、靴箱のキーと引き換えにナンバーキーを受け取ります。
岩盤浴着もここで受け取ります。

渡されたナンバーキーにはお金のチャージができるとのこと。
チャージしたお金は、施設内で食事・サービスの支払いに使えるとのことです。
最後に残ったお金は退館時に受付で精算されます。

受付を終えたら3階にある脱衣所へ向かいます。
ここで私のプチ勘違いが1つ。

上述しましたが1階は駐車場で、受付は2階にあります。
ただ、私は受付で1階にいる感覚になってしまっていて、脱衣所まで行くために2階分階段を上がろうとしてしまいました。
大きくフロア表示の案内があったため、3階から4階へ上りかけたところで気が付きましたが。
階段の昇り降りって、一度流れが途切れると階数がわからなくなりますよね!?(私だけか?)
皆さんもお気をつけください(笑)

SAMSARA(サンサーラ)

香流温泉 喜多の湯の岩盤浴「SAMSARA(サンサーラ)」は2階にあります。
施設入り口から見て奥の方です。

サンサーラの入り口を通ると、そこはヒーリングラウンジ。
その奥には、大型窓から太陽の日が差し込むホットフロアがあります。
どちらもたくさんのシートが並んでいて、くつろいでいる方がみえました。

岩盤浴としては5つの房があり、ヒーリングラウンジを囲うように配置されています。

岩塩とチェジュスコリアが使われているのが「岩塩房」
サンサーラの中では一番の高温の約60度に設定されています。
室内温度はもちろん、石もかなり温かくなっていて、汗のかきやすい空間でした。

漢方薬草の香りが感じられる「薬美房」
約45度に設定されていた岩盤浴です。
ベッドには板状と砂利状があって、板は化石黄土、砂利はブラックゲルマニウムのものと麦飯石のものがあります。
好みや気分に合わせて、ベッドを変えてみるのもよいかもしれませんね。

クールダウンできるのが「涼風房」
10℃ほどに設定された室内で、温められた体を冷やすことができます。

この日は女性専用房に指定されていたのが「彩蒸房」
モナザイトや真玉石、メノウが使われた色鮮やかな空間になっているとのことです。
ちなみに、女性専用房は薬美房と彩蒸房が週替わりで交互に指定されます。

彩蒸房の隣にあるのが約45度に設定された「楽癒房」
この房は岩盤ベッドではなく、モナザイトで作られたシートが設置されています。
このシートが結構温められていて、人によっては熱いと感じるかもしれません。
この房はテレビが映されていて、また、コミックスや雑誌の持ち込みが唯一禁止されていないため、娯楽性を交えてくつろぐことができます。
※他の岩盤浴房は本の持ち込み禁止。

私が個人的に最も居心地がよかったのがホットフロア(岩盤浴でなくてスミマセン)。
外の景色が見える大窓によって、太陽の光が差し込む明るい空間になっていて、開放感もあります。
2月26日の空模様は曇りだったのですが、時折差し込む日の光が気持ちよかったです。
快晴だったらもっと気持ちいいんだろうなぁと思います。

熱気風呂ではロウリュウが

香流温泉 喜多の湯ではロウリュウが体験できます

ロウリュウが行われるのは岩盤浴ではなく、温泉施設内の熱気風呂(高温サウナ)
男女各湯で定期的に行われています。

15時になったらスタッフさん来て、炉にアロマ水をかけます。
その後炉をうちわであおいで、室内に蒸気を散らしていきます。
熱気が室内に行き渡ったらスタッフさんは退室。

ロウリュウの効果は10分程とのこと。
しばらくの間、普段より熱い状態のサウナを体感するものでした。

風呂の日は特典が

私が香流温泉 喜多の湯へ行ったのは2016年2月26日(金)。
この日は風呂の日ということで、特典の粗品をいただきました

粗品はマーブルのパウンドケーキ(1つ)。
帰ってから、おいしくいただきました。

また、2月の平日の月・金曜日は、岩盤浴の有料利用者にはミネラルウォータープレゼントのサービスがありました。
この日は平日の金曜日だったので、ミネラルウォーターもGET。
岩盤浴では水分補給は大事ですから有り難いですね。

IMG_0542 (2)

※本記事の掲載情報は体験当時(2016年2月26日)のものです。最新の情報は香流温泉 喜多の湯 [公式サイト] をご確認ください。

■体験者:29歳男性