何しに岩盤浴へ来たの!?

■登場人物■
美香ちゃん(20代前半の女子。社会人。健太君の彼女。)
健太君(20代前半の男子。社会人。美香ちゃんの彼氏。)
31-2
スーパー銭湯などに設けられた広い岩盤浴では、休憩スペースが充実しています。

多くの施設で休憩スペースに用意されている設備の1つが「マンガコーナー」です。

用意されているマンガの冊数は施設ごとに差がありますが、多いところだと何万冊も設置されていることだってあるんですよ。

マンガの設置数が多い施設では、読書に夢中になっている人をよく見かけます

リクライニングシートや座敷でゆったりと本を読めることが多いですし、人気マンガには長期連載作品も多いですから、一度読み始めたらなかなかキリが付けられないなんてことも・・・。

一人で来ているのであれば滞在時間に何をしようが自由ですから、好きなだけマンガを読んでいても問題ありません。
でも、困るのは誰かと一緒に来ているとき。

マンガに夢中になって同伴者をほったらかしにしてしまう人、いませんか?(笑)

あとちょっとで読み終わるから・・・とズルズルと時間を引き伸ばし。
せっかくだから一緒に岩盤浴を楽しみたい人と思っている同伴者は待ちぼうけ。

マンガを読むことがダメだとは言いませんが、岩盤浴に来ているのだから本来の目的を忘れてしまってはいけませんね。

えっ、マンガを読むために来てる!?

確かに、冊数の多い施設になると小さなマンガ喫茶より充実していることもありますからね
そのうえ、ゆっくりできる環境が整っているとくれば、そう言いたくなる理由もわからなくはないですけど・・・。

まぁ、何にしても、誰かと一緒に岩盤浴に来ているのなら、相手への配慮もしてあげましょう。
もしカップルで来ているのなら、なおさらですよ。

この記事に満足したらシェアをお願いします!

LINEで送る
Pocket